コメディ

【おすすめコメディ?】映画『娼年』実はコメディ映画??

 

今日は映画『娼年』の感想をお伝えしたいと思います。

 

この作品は2018年4月、松坂桃李さん主演で公開され、R18+指定の濡れ場も過激な話題作でした。

 

視聴した感想は、話題通り…いや、それ以上と言っていいほど過激で時には喜劇のような楽しい作品でした笑

 

なので、ただの”エロ映画”みたいな印象で観ようとしている男性諸君には自分のイチモツをギュっと握りしめて、そのまま終わってしまっても怒っちゃダメですよ~笑

 

また、こちらの作品は2020年5月現在『U-NEXT』にて見放題の無料作品として配信中です。

 

『U-NEXT』は「月額料金が高い」ことで有名な動画配信サービス。として有名ですね笑

 

しかし、初回登録なら31日間無料で利用できますし、初回登録時にもらえるポイントを使えば有料動画も実質無料で観ることができます。

 

他にも長期利用でもお得な要素が盛り沢山で、意外と知らない方も多いのでは?と思います。詳しくまとめている下記記事もぜひ、一度お読みください。

【2020年こそ】U-NEXTがおすすめな理由を徹底紹介!の巻『U-NEXT』はコスパ最強です。 Hulu、dTV、Netflix、Amazonプライムの無料トライアルを全て利用した僕が、そう思った理由を詳しく解説。1人でも多くの映画好きが増えたら嬉しい!!...

 

それでは本記事ではR18指定の対象だったのも遠い昔になりつつある、アラサー男の感想を素直なままにお伝えする「映画感想記事」です。

 

他の感想記事とは違って、勢いそのままに斬新かつ大胆な発想で書いています。

 

何の映画を観ようか迷った際や、本記事を読んで「面白い!」と思った方はぜひ一度視聴してみて下さい。

 

(以下ネタバレと、18歳未満の方には過激な表現や考えが含まれますので、温かい気持ちでお付き合い下さい。)

映画『娼年』”あらすじ”紹介。

 

主人公の森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく

引用:http://shonen-movie.com/intro/より

 

”ボーイズクラブ”、”娼夫”などの言葉だけ観ても、「えっ、ほんとに映画化(映像化)にしたの??」と聞こえてきそうな大胆な内容です。

 

僕も実際にそう思いましたし、そもそも、ヒーロー戦隊役を経て今をときめく大人気俳優である松坂桃李さんが、セクシービデオのような役で出演されることにも驚きでした。

 

予告動画などを観ても、「いや、これA○じゃね?」と、心の声も漏れちゃいそうな具合です。

 

映画『娼年』の監督は誰?原作はあるの??

 

監督は、映画『何者』『愛の渦』でも監督を務めた、トマコマイの大魔神三浦大輔監督。

 

今作品について、主演の松坂さんからも「共同戦線を組んだ」とお互いが全身全霊を懸けあったとお話しています。

 

また、今作品の一番のキーポイントであるセックスシーンは、通しで撮影されたわけじゃなく、1カット1カット、それこそキスシーン1つ取っても、アングルやサイズを変えながら、何度も何度も繰り返し撮影し、その合間の愛撫シーンも同じく、おっぱいを揉む1シーンも、そこに入るまでの感情移入するためにキスシーンから撮影を始めたりと、1個の濡れ場で丸一日以上掛かることも多く、効率度外視の撮影が続いたとも。

 

主演の桃李さんも、「今までで一番キツかった現場」とかなり、体力も気力も限界まで挑戦し、まさに最後まで”果てた”撮影だったようです。

 

そして、今作品の原作は、石田衣良さんの恋愛小説『娼年』。

 

 

また、この原作である小説版には、映画のラストシーンで少しだけ描かれていた、摘発され営業を停止していたクラブ「パッション」をリョウアズマ咲良が営業を再開させ、静香の出所とその生きざまが中心となる続編逝年があります。

 

これが役者魂!「娼年」でしか見ることが出来ない松坂桃李の”痙攣”!!

 

もうね・・・。観た人はわかると思いますが、何と言ってもこの映画は、主人公リョウを演じた松坂桃李に釘付けで観る映画です。

 

そして、本編の2/3以上はセックスシーンです驚

 

「濡れ場」と呼ばれるこのシーンですが、ここが今作品の肝となっているように、とにかくキスから始まり、愛撫、おっぱい揉む潮吹き射精と全て描かれ、全てしっかりと映像化されています。

 

そして、観てるこちらが恥ずかしくなりそうなぐらい・・・、桃李さんは、を振りまくってます・・・。

 

それはまるで、野生の犬のように・・・。

 

さらに細かい描写ですが、その毎回で果てる際に、お尻を痙攣させるという離れ業で、視聴者の目を釘付けにしてくれます。

 

この痙攣を観て、「あっ、桃李、イったな」となぜかこの辺りは上から目線で観ていましたね笑(ちなみに、この”痙攣”は桃李さんのアドリブだったという噂も!…しっかり本人は否定されています

 

しかし、今作品で一番驚き笑ったのは、リョウがある女性客のところへ行くと、そこには歳の離れた夫婦がいて、どうやら若い妻の相手を60近い夫が出来なくなってきたため、妻の相手をリョウにお願いしたいというくだり。

 

そこで、夫はその一部始終をビデオで撮影し記録したいと言い、さらに妻からは、「夫が嫉妬するぐらいに激しくやった方が、夫は喜ぶのでそうしてほしい」と、なんだか、セクシービデオでも使い古されたような設定で思わず笑いそうになりました。

 

この夫役を西岡徳馬さんが演じられているんですが、その妻とリョウとのセックスをビデオで撮りながら、どんどん盛り上がっていき、ビデオ撮影はおろか、しまいには、自分で自分のナニをナニしだす始末で、これには流石に大爆笑でした笑

 

しかも、この時の桃李さんの”果てる”シーンも凄くて、「出すぞ!出すぞ…!…どこに出してほしいんだ!?」とかのセリフも凄いですし、「お尻にっ…!」と言われた瞬間に、そのお尻に、もうそれは消防隊かな?と言わんばかりの勢いで、ぶっ掛け、果てる桃李さん。

 

セクシー男優顔負けの熱と量で、「桃李くん、ついに越えてはいけない線を越えてきたか…」となんだか、ピッコロさんみたいに解説までしてしまうほど、非現実感が満載のシーンでした。

 

リョウと同級生・恵との交わりの意味。

 

そして、個人的に一番グッと来てしまったのが、リョウの大学の同級生であるとのセックスシーン。

 

そう、グッと”来た”ではなく、”来てしまった”ところです。

 

リョウが娼夫の仕事をしていることに、”汚い”や”不純”な仕事と考えるは、リョウに仕事を止めさせたいと考え、リョウを指名し説得をしようと試みるんですが、リョウは怒りながらも、自らの仕事を全うするため、恵を抱いていくんです。

 

恵も、ほんとはそういうのを望んで指名したわけじゃないはずなのに、リョウの事が好きな感情が上回って、その行為に溺れて、最後には涙する。。。

 

そして、その直後にリョウはこう言います。

 

また呑みに来てよ・・・。お金はいらないから・・・。

 

バーロー!・・・コ〇ンくんも思わず怒鳴りますよ!

 

・・・リョウ気付け!お前はここにきて、「女性の気持ちがわかってきた気がする!(キリッ」ってなってたくせに、恵の感情に気付いてやれよ!

 

は普通にバーで働いているお前が好きだったんだよ!

 

ちょっと無口で何考えているかわからない様子だけど、どこか優しさがにじみ出ている素朴なリョウが好きだったのに・・・。

 

そんな恵の気持ちを考えていると、ちょっと悲しくなりました。。。

 

僕もバーでバイトしているリョウの関係が好きでしたので、現実であれば、娼婦になってしまった現実は何とも受け入れがたいかもしれません。

『娼年』を無料で観よう

 

りょうちん
りょうちん
今回紹介した作品は実際に僕が長期利用している『U-NEXT』で観ることが出来ます。

冒頭でも説明しましたが、2020年5月現在、映画『娼年』は『U-NEXT』の無料作品として見放題で配信されています。

 

『U-NEXT』は初めての登録なら31日間無料で利用でき、初回登録時には有料作品を観るポイントが無料でもらえちゃいます。このポイントを使うことで、無料トライアル期間中に無料で観ることが出来るんです。

 

他にもたくさんの見放題作品を観ることができますし、詳しい『U-NEXT』の登録手順や、サービス内容、僕が長期利用する理由も下記の記事で全て公開していますので、よければご参考にしてください。

【2020年こそ】U-NEXTがおすすめな理由を徹底紹介!の巻『U-NEXT』はコスパ最強です。 Hulu、dTV、Netflix、Amazonプライムの無料トライアルを全て利用した僕が、そう思った理由を詳しく解説。1人でも多くの映画好きが増えたら嬉しい!!...

また、なぜ『U-NEXT』がオススメなのか詳しく比較した記事も書いております。併せて参考にしていただくと『U-NEXT』のお得な内容が詳しく分かるかと思います。

【2020年最新版】動画配信サービス5社の無料トライアルを利用して比較してみました 皆さんは、動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)を利用していますか? 正直、何かしらのサービスを利用している方も、...

『娼年』まとめ。

 

正直、他人のセックスを観ているのって、なんだか笑ってしまう感覚になるのを、この映画で初めて感じました。

 

当初、何に対しても感情が薄く、死んだような目をしているリョウが、女性と体を通じて会話していくことで、その目にも活力が宿っていくのは、人間、やはりどこかで人と”交わる”ことで成長し、その手段は人それぞれだけど、今回のリョウはそれが”セックス”だったんだと思います。

 

・・・

 

・・・などと真面目な話を少ししましたが、僕はこの映画の率直な意見としては、”松坂桃李をじっくり観察する映画”だと思いました。

 

とにかく、普通に見ていれば、笑えるセックスシーンばかりで、多分、「このシーンは、こういう心情変化があった!」とか「女性の深い性への欲求」なんかは、ちょっと視聴者の深読みに過ぎない気がするんですよね。

 

これは、僕の個人的な考えですが、”セックス”ってそんな色々なことを考えてするもんでも、観るもんでも無くて、ただ、自分の欲求や本能のままに動いているもので、そこに深い意味はない

 

もちろん、そこに至る過程は、色々な人間ドラマ的な要素が詰まっていると思いますが、今回の”娼夫”という視点では、ただただ女性が自らの欲求を満たすものにすぎないと思います。

 

つまり、この作品内での”セックス”には特段、深い意味は無いので、これを見た僕らが言えることは、特に何も無いんじゃないかなと思います。

 

だから、この映画で一番感じたことは、松坂桃李さんのセックスを疑似観察できたというのが一番の見どころじゃないかなと思います。

 

まぁ、ほんとうの桃李さんがこんなセックスをするとも思いませんが、あくまで”疑似”観察ということです笑

 

なので、まだ観ていない方や、桃李さんファンの方、普通のセクシービデオには飽きてきた方にも、今から観ても遅くはありません」、桃李さんの”セックス”を一度拝見されてみてはいかがでしょうか???

 

つまり「むふふ♡」な方も「桃李くんキャー!」も観れるのは『娼年』だけ!

 

それでは、今日はこの辺りでノシ

 

・・・ふぅ。(えっ