恋愛

【おすすめ感動】映画『ラストレター』岩井監督の集大成!の巻

どうも、りょうちんです。

 

今日は、2020年1月17日に公開予定の、映画『ラストレター』についての、作品情報をまとめてみましたので、ご紹介します。

 

 

今作品は、『リップヴァンウィンクルの花嫁』『花とアリス』で知られる、岩井修二監督の故郷である宮城県を舞台として、自身の実体験を元に制作され、監督をした初の長編映画『Love Letter』に対するアンサー作品と言われている、「ラブストーリー」です。

 

『天気の子』『君の名は。』で知られる、新海誠監督も岩井監督のファンを公言されており、今作に関して、

 

「岩井俊二ほどロマンティックな作家を、僕は知らない」

 

と感想を伝えています。

 

こう言われると、「期待しかない!」ですね!

 

それでは、映画『ラストレター』を、「観る前の簡単な情報」としてでも、「観た後の振り返り」にも使えるように、まとめていますので、ご期待下さい。

 

映画『ラストレター』岩井監督の集大成!(ネタバレなし)

 

1.『ラストレター』あらすじ

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。

裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。

未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。

勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。

その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。

ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

※引用:映画『ラストレター』公式

 

「君にまだ、ずっと恋してるって言ったら、信じますか?」

 

という、キャッチコピーも目を引く、今作の重要なポイントになりそうなのが「手紙」ですね。

 

今の時代、スマホやパソコンによる、メールやLINEが当たり前ですが、岩井監督はあえて「手紙」を使ってきました。

 

メールやLINEと違って、直筆の文字や、封筒・ハガキのデザインにより、例え、相手の顔を知らなくても、その雰囲気が読み取れたり、想像してしまう「手紙」

 

この「手紙」を使って、岩井監督がどういう風に物語を動かしていくのか楽しみですね~。

2.『ラストレター』キャスト紹介

(C)2020「ラストレター」製作委員会

 

今作は、2つの世代を超えた物語であり、「過去」「現在」の2つの時間軸があります。

 

そこで分かりやすく、「人物相関図」を作ってみました。

 

クリックすると、別タブで大きく表示されるので、さらに見やすいかと思います。

 

それにしても、松たか子さん、福山雅治さんに、広瀬すずさん、神木隆之介さんらの実力俳優陣はもちろん、人気上昇中の森七菜さんや、映画『シン・ゴジラ』の監督としても有名な庵野秀明さん、豊川悦司さんに中山美穂さんまで!

 

ホントに豪華キャストで、出演者の名前を聞くだけでも、ドキドキワクワクしますね!

3.『ラストレター』試写会の感想と評判(ネタバレなし)

 

「岩井監督の世界にハマった」

「好きな岩井監督の作品」

「前を向こうと思った」

 

などなど、好評価が多いです。

 

中でも、岩井監督の、こういう映画が観たかった!」という感想も多く見られました。

 

新海誠監督のコメントを、冒頭でも紹介しましたが、

 

「岩井俊二ほどロマンティックな作家を、僕は知らない」

 

ということなんでしょうね!

 

また、芸能関係、映画関係者の感想、コメントも出てますので紹介します。

 

「ラブレターのいくつもの誤配や錯綜が、人生を作っていく。その美しさを教えてくれるのは、傘をさした二人の少女だ。岩井俊二ほどロマンティックな作家を、僕は知らない」

新海誠(映画監督)

 

何歳になっても自分のつっかえ棒のように永遠と残り続けるもの。
そんな存在は、人でもモノでも誰にでもある。
今の時代を生きる若い人たちに、自分にとっての大切な恋を見つけてほしいと思いました。

有村架純(女優)

 

手紙の存在が、世代と時代を超えて人と人とを繋げていく。
一通届くたびにあたたかい時間が流れ、そのどんな場面も切なく愛おしい。
メールやSNSでは感じられない、時間と文字のやりとりが、こんなにも気持ちを揺さぶられるのかと思い知りました。

黒木華(女優)

 

俺達の岩井俊二が帰ってきた!
たどり着けなかった様々な想いの残像が
まだ胸を締め付けて離してくれません。
人生に一瞬でもきらめきがあれば人は生きていける。生きようと思うことができる。
そんなことを思いました。

山崎貴(映画監督)

 

なんとなく、好きな俳優さんや女優さんのコメントを読むと、説得力がありますし、観たくなりますね笑

4.『ラストレター』原作について

『ラストレター』は、岩井監督の故郷である宮城県を舞台として、自身の実体験を元に制作され、自身が監督をした初の長編映画『Love Letter』に対するアンサー作品と言われています。

 

原作は、岩井監督ご自身が執筆された、小説『ラストレター』です。

 

僕もまだ読んではいませんが、「活字」は映像と違う良さがあるので、また時間のある時に読んでみたいと思います。

 

5.主題歌『カエルノウタ』について

 

今作の主題歌『カエルノウタ』は、出演の森七菜さんが歌手として初めて歌います。

 

 

透き通るような歌声で、映画のイメージにぴったり!しかも、作詞は岩井監督が自ら手がけています!!

 

6.岩井俊二監督のおすすめ映画

 

岩井俊二監督の作品は、どれも素晴らしい作品ばかりですが、その中でも特におすすめの作品をここでは紹介します。

 

『ラストレター』を観た後でも、前でも、ぜひ、チェックしてみてください!

 

①リップヴァンウィンクルの花嫁【劇場版】

 

黒木華さんの単独初主演映画で、「1人の成長」を描いたような作品です。最初のさんと、終盤のさんの表情の違いにも注目して観て欲しいです!

 

②スワロウテイル

 

Charさんの個性的な歌も相まって、独特の世界観と恐怖が、予測不能のストーリーを引き立てます。名作として有名ですが、まだ観ていない人はこの機会に、ぜひオススメしたい作品!

 

岩井俊二監督の作品を観るなら

 

今回紹介した作品は、レンタルDVDなどでもレンタル出来ると思いますが、おすすめは手軽な「動画配信サービス」です。

 

実際に僕は、長期利用している『U-NEXT』で観ました。どちらの作品も「見放題」なので課金の必要もなく、登録すればすぐに観ることができます。

 

初回の登録なら、31日間は無料で利用できますし、他にもたくさんの見放題作品を観ることができます。詳しい『U-NEXT』の登録手順や、サービス内」、僕が長期利用する理由も下記の記事で全て公開していますので、よければご参考にしてください。

 

【2020年こそ】U-NEXTがおすすめな理由を徹底紹介!の巻『U-NEXT』はコスパ最強です。 Hulu、dTV、Netflix、Amazonプライムの無料トライアルを全て利用した僕が、そう思った理由を詳しく解説。1人でも多くの映画好きが増えたら嬉しい!!...

 

自分で言うのもなんですが、どこよりも詳しく解説してて、画像付きなので、分かりやすいと思います。でも、わかりにくいところがあれば、Twitterなど何でも構いませんが、ご連絡頂ければすぐに返信致します。気兼ねなく、ご連絡下さい。

 

岩井監督作品が好きなら、こんな作品もオススメ!

 

岩井監督の作品が好きなら、こんな作品もいかがでしょうか。

 

 

 

また、ドラマ『カルテット』の脚本を担当した坂元祐二さんは、このような小説も手掛けています。

 

 

どちらも「手紙」がキーワードになっている作品なのでおすすめですよ!

7.作品情報まとめ

 

『ラストレター』

  • ◆監督・脚本・原作:岩井俊二
  • ◆主題歌:「カエルノウタ」森七菜(作詞:岩井俊二)
  • ◆出演:松たか子
  • 広瀬すず
  • 神木隆之介
  • 森七菜
  • 福山雅治

 

岩井俊二監督の最高傑作とも呼ばれている今作ですが、「手紙」という題材を元に作られた「ラブストーリー」です。

 

さらには、「人間の成長」もテーマにあるようで、現代だからこそ、「伝えたい」「伝わる」作品なのではないでしょうか。

 

僕も、作品を観れる日が楽しみです。

 

期待もありますが、セリフ1つ1つ、映像1つ、表情1つに注目して、作品を堪能して観たいですね。

 

では、今から観られる方も、もう観た方も、映画『ラストレター』を楽しんで、多くの映画に触れて、映画ライフを充実しましょう!

 

それでは、今日はこの辺りでノシ