本サイトについて

映画&アニメが好きな理由【人生のヒントにも】

本記事では、僕が映画&アニメが好きな理由を紹介したいと思います。

 

この記事は、僕が映画&アニメを好きな個人的な考えや思いをまとめた内容です。

 

しかし、ただのオタクの独り言でもないと思っています。

 

その理由は平成から令和になり、映画やアニメに触れる機会はますます増え、もはや映画&アニメは僕たちの生活に当たり前の存在になっているからです。

 

そして、映画やアニメというのはいつの時代も人によって生み出されるもの。

つまり、人によって生み出され、人に触れる機会が増えているもの。

 

そんな映画&アニメだからこそ、今を生きていく上でのヒントがたくさんあると思うんです。

 

学生
社会人
独身
既婚者
ママパパ

上記のように、僕たちはみんながみな同じではなく、立場や環境もまーったく異なります。

 

これは、映画やアニメも同じです。

恋愛物だったり、家族、子どもへの思いなどテーマは様々。

 

無数の作品があるため、その自分の立場や環境に合った作品が必ずあります。

 

今、コロナや外出自粛などの影響からお家時間も増えたからこそ。

自宅で楽しめる映画やアニメをもっと楽しんで欲しいと思います。

 

すでに映画やアニメが好きな方は、新しい楽しみ方。

ふだんあまり観ない方は、楽しみ方のヒントに。

 

そういう風になれば嬉しいなと思います。

では、早速、本題に入っていきましょう!!

映画&アニメの魅力

 

映画&アニメの魅力とは、ズバリ、「人の心」に刺さることです。

 

「あの映画を観て、人生観が変わった」
「アニメの主人公の生きざまに憧れた」
「あのキャラクターの台詞に心を救われた」

このような経験、あなたにもないでしょうか?

 

なぜ、このように映画&アニメが人に刺さるのかは3つ理由があります。

①登場人物に当てはめやすい
②架空でもリアリティのある設定
③友人や家族からの意見よりも受け入れやすい

順に詳しく説明します。

理由①登場人物に当てはめやすい

映画やアニメって、魅力的なキャラクターが多いですね。

スターウォーズのルーク・スカイウォーカー
トイストーリーのウッディ
鬼滅の刃の炭次郎

 

ここでは主人公級を上げましたが、ライバル、脇役までに個性あふれる魅力的なキャラクターは数知れず。

 

そんな多くのキャラクターに自分自身をあてはめ、成長を見守ったり、人生のヒントにしたことがある方も多いかと思います。

 

また、自分自身以外にもライバル、友達、同僚なども自分の現実とリンクさせたりしてしまうこともありますね。

りょうちん
りょうちん
僕にもジャイアンのような友達がいて、普段はちょっと近寄りがたいけど、いざというときには頼りになる友達です!

そんな風に自分や身の回りの人物にあてはめやすいため、想像しやすく、心にも刺さりやすいんです。

理由②架空でもリアリティのある設定

※例えば

映画『ロッキーシリーズ』を観てボクサーに憧れる。

映画『ローマの休日』を観て、オードリー・ヘップバーンに憧れる。

アニメ「メジャー」を観て、プロ野球選手に憧れる。

 

映画やアニメはあくまで架空の設定が大半ですが、そこから夢に変わったり人生を大きく変えるキッカケになる場合が多々あります。

りょうちん
りょうちん
ひと昔前なら、「キャプテン翼」に憧れたサッカー選手は多いと聞きます。

例え架空の設定であっても、その世界に自分を重ねやすく、夢や人生に影響を与える体験をすることができる。

映画やアニメって、人を突き動かす原動力になりえるということです。

理由③友人や家族からの意見よりも受け入れやすい

「友人(家族)から言われたアドバイスを素直に受け入れることができない」

こんな経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

僕自身もそうですが、友人や家族のアドバイスって、なんだか恥ずかしかったり「余計なお世話だ!」なんて思ったりして素直に聞くことができなかったりします。

 

しかし、映画やアニメのキャラクターが同じことを言ってたとしたら、意外とスンナリ受け入れることができたりしますね。

 

例えば、ミスして落ち込んでいた時、

友人「お前は十分やってる、気にしないで頑張ろう!」
リヴァイ「お前は十分に活躍している。そして、これからもだ。」

 

このように、友人よりもリヴァイ兵長の言葉の方が心に刺さりますね。

 

コレ、なんでかなーって考えたんですけど、おそらく身近な人には「自分を肯定してほしい」欲が高いんだと思います。

 

つまり、自分から遠い存在からのアドバイスの方が、「遠い存在の自分を肯定してもらえた=特別待遇された」と感じ、心に刺さりやすいんだと思います。

まとめ

最後に映画&アニメの魅力をまとめます。

登場人物に当てはめやすい
⇒自分や身の回りの人物にあてはまりやすいため、想像しやすく、心にも刺さりやすい

架空でもリアリティのある設定
⇒その世界に自分を重ねやすく、夢や人生に影響を与える体験をすることができる

友人や家族からの意見よりも受け入れやすい
⇒自分から遠い存在からのアドバイスの方が、「遠い存在の自分を肯定してもらえた=特別待遇された」と感じる

映画&アニメは手軽に観れる時代

 

最後になりますが、今は映画やアニメを手軽に観ることができる時代です。

 

特にスマホやタブレットで簡単に観ることができます。

 

しかも、YouTubeやAbemaTVなどは無料でも十分に楽しめますし、動画配信サービス(VOD)も無料トライアルサービスを利用することができますね。

 

これからは、5Gの普及からもモバイルやネット環境はますます成長し、それにあったサービスも拡大するでしょう。

りょうちん
りょうちん
実際に映画なんかは、今までは映画館へ行かなければ観ることができませんでしたが、今では自宅でも簡単に観ることができますし、なんなら外出先でも観ることができます。

このように、映画やアニメを観ることは極々当たり前になると断言できます。

冒頭でも言いましたが、「映画&アニメは今を生きていく上でのヒントがたくさん詰まってる」からこそ、もっと人に触れてほしいと思うわけです。

映画&アニメから学ぶ

 

本記事は確かに僕の個人的な考えではありますし、偏った考え方かもしれません。

しかし、映画やアニメはただの娯楽的な物から、学ぶためのアイテム(ソフト)となっていくと思います。

 

コレは先ほどお話したように、「誰にでも当てはまりやすく受け入れやすい」のが大きな理由です。

 

手軽に観ることができて、自分の生きるヒントにもなる

そんな風に映画&アニメをもっともっと楽しんでもらえるように、このサイトを立ち上げました。

最後に

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

映画やアニメの世界に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。

また、自分自身にとっても、多くの作品と出会えるのが楽しみです。

 

それでは、引き続き「りょうちんの映画珍道中」をお楽しみいただければと思います。