アニメ

【おすすめアニメ】映画『ドラクエ5』声優は上手い?下手?

 

 

 

先日、上記ツイートをしました通り、国民的RPGの「ドラゴンクエスト」シリーズ初の、フル3D・CGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』本ポスタービジュアルと最新予告映像が公開されましたね。

 

この記事を読んでいる方は、すでに知っていると思いますが、

 

主人公リュカ役・佐藤健

ビアンカ役・有村架純

フローラ役・波瑠

パパス役:山田孝之

 

などなど、声優のほとんどが芸能人ということでも、話題となっている今作品ですが、ネットでは「本職の声優さんを使ってよ!」と批判的な声も多いようです^^;

 

正直にいうと、それについては「プロの声優を使った方が…」と思いましたが、メインキャラを担当する佐藤健さん、有村架純さん、波瑠さんの3人には声優経験がありますし、予告動画や、過去の出演作を確認したところ、違和感が出るほど下手ではありませんでした。

 

それでも、中には「声優のせいで映画を見る気が失せた」という人もいますが、正直、それはもったいないと思います!

 

予告動画を見ていても、映像のクオリティも半端なく高いですし、ストーリーも面白いことはゲームを経験している方なら特に知っていると思います。

 

個人的には、結構どころか、かなり期待している映画ですので、今日は作品情報と声優さんにフォーカスを当ててまとめてみましたので、ぜひ、お付き合いください。

ドラクエ5映画『ユアストーリー』の声優一覧

 

メインキャストと声優一覧

  • 主人公リュカ役:佐藤健
  • ビアンカ役:有村架純
  • フローラ役:波瑠
  • 王子ヘンリー役:坂口健太郎
  • パパス役:山田孝之
  • ゲマ役:吉田鋼太郎
  • ブオーン役:古田新太
  • スラりん役:山寺宏一

 

それにしても、豪華な声優陣ですが、ほとんどが芸能人です。

というか、山寺宏一さん以外は全て芸能人や俳優さんですね汗

 

他の声優さんを確認しても、

 

 

  • サンチョ役:ケンドーコバヤシ
  • プサン役:安田顕
  • ルドマン役:松尾スズキ
  • ミルドラース役:井浦新
  • マーサ役:賀来千香子

 

 

と、本職が声優の方は・・・、見当たりません・・・。

 

ほんとに大丈夫なの?

 

とも聞こえてきそうですが、天下のドラクエが、「このキャストで勝負する!」と決めたのですから、むしろ、期待しても良いのではないでしょうか??

 

ネットの反応!批判コメもありますが肯定コメも!

 

次に、声優が発表されたときのネットの反応ですが・・・、

 

昔ファイナルファンタジーの映画がありましてねぇ、ひどい記録的な赤字だったんですよ、スクエアって会社なんですがね おやおや、スクエアエニックス…ですか、ゲーム好きが見に行く理由も無く、声優ファンに向けたものでもなくどこに向けたかいまいちわからないのですが

 

ドラゴンクエスト5が映画になるんだね。
観たいと思ってるんだけど。
正直、アニメ映画や吹き替えで声優じゃなくて役者や芸人を使う映画は、苦手です。

 

いやいや、こういう映画で俳優、女優使うのは慣れたけど流石に多過ぎ
せめて3〜4人くらいにして欲しいわ
公表されてるだけでも声優全然居ないじゃん。無理矢理ジブリみたいな方針にしないで欲しい
ドラクエはそういうコンセプトじゃなくていいでしょ

引用:twitter

 

もう、分かっちゃいましたが、厳しいコメントが多いですね・・・

 

元々、「芸能人を起用するのはやめて欲しい」というファンの声は多かったので、当たり前なんですが、ここまで、ほとんどの声優が芸能人ですと、批判の声が増えるのも納得で、『ドラクエ5』の映画キャストを批判したくなる気持ちもわかります。

 

しかし、安心して下さい!!

 

今作は「プレスコ」方式というアフレコ方法を使っていますので、「演技派」「実力派」と呼ばれるほど、実力を兼ね備えた皆さんの良いところを引き出す、方法でアフレコしていますので、実は十分に期待して良いと思います!

 

”プレスコ”方式のアフレコとは?役者の演技力を活かす方法なので期待大!!

 

本作では、先にセリフを収録しその声に合わせて口の形やキャラクターの表情などを作画する「プレスコ」方式を採用しています。

 

この「プレスコ」方式というのは、先に台詞や音声を収録してから映像を作っていくので、
役者の演技力や現場の臨場感をフルに活かすことができ、アドリブも挿入しやすいというのが最大の利点のようです。(その分、スタッフの負担が増え、コストも掛かるらしいですが・・・

 

なので、キャストたちは2年前とアニメーションができあがった現在の2度、アフレコを行うなど、難しいアフレコだったようですが、これだけの実力派俳優さんたちなら、逆にこの方法で、自分たちの良さを引き出せたのではないでしょうか??

 

そう考えると、今回の俳優や芸能人ばかりの声優起用も納得できますね。

 

最後にまとめます。(ここだけ読んでも十分ですよ)

 

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

◆公開日:2019年8月2日

◆総監督/脚本:山崎貴

◆監督:八木竜一、花房真

◆原作/監修:堀井雄二

◆音楽:すぎやまこういち

◆キャッチコピー:「君を、生きろ」

 

今作の舞台となった『ドラゴンクエストV』は、ドラクエシリーズの中でも唯一、子供の世代まで引き継がれていくように、時間が流れていくところだと思います。

 

その時間の流れを含め、キャラクターの成長を見守ることができるので、大人も子供も楽しめる作品ではないでしょうか。

 

また、ビアンカとフローラの“花嫁論争”にも注目ですね!

 

予告編を見る限り、映像も非常に綺麗ですし、公開を楽しみに待ちましょう!!!

 

それでは、今日はこの辺りでノシ