歴史

【おすすめ歴史】漫画『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』その男、龍である

みなさま、『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』という漫画をご存知でしょうか!?

 

僕は、元々この漫画の作者である、川原先生著の『修羅の門』『修羅の刻』『海皇記』が大好きでした。

 

 

特に下記3点が魅力で、

 

「独特な会話の間」

「フィクションであるが、もはや史実と思いたくなるような解釈と展開」

「登場人物それぞれの底知れぬ感漂う台詞回し」

 

という部分がとても好きです。

 

「いつかコッミクを全巻揃えて読破しよう!」という気持ちはずっとあったんですが、読む機会を何度か逃してしまっていて懐事情も関係、コミックはまだ買っていませんでした。

 

それが、先日、某無料漫画アプリで第1巻を読んだことで、僕の心の中のリトルりょうちん川原ワールドに一気に引きこまれ、気が付けば、ハピタス経由で楽天KOBOから、電子書籍を全巻ポチっていた次第であります汗

 

あれは、きっと荒木ワールドで言えばスタンド攻撃に近いような、人目惚れならぬ、人読み惚れのような、何とも不思議な感覚でありました…。(意味深に言っているけど、ようは衝動買いってことやん!

 

僕は『三国志』については、ちょうど、ゲーム『三國無双』シリーズが大流行した時に、ど真ん中世代だったので、自然と三国の歴史や登場人物についてはそこそこ知っていました。

 

「死せる孔明、生きる仲達を走らす」

「泣いて馬稷を切る」

「あっ(ロウソク、倒しちゃった…)」

 

などの異説や、有名な横山三国志の魏延の名セリフなどなど、役にも立たないような知識まで持ち合わせています笑

 

しかし、今回ご紹介する『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』の元になった、

 

『項羽と劉邦』

 

については、じっくり読んだことも無く、その舞台となった、”楚漢戦争期”の知識も全くありませんでした。

 

知っているのは主な登場人物である”張良””劉邦””項羽”などの歴史的にも有名な人物ぐらいで、この漫画を読んで有名な”黄石公”の話や”鉅鹿の戦い”なども詳しく知ることが出来、「この漫画が史実だったらいいな!」と思わせるぐらいストーリーの流れと登場人物に感情移入してしまっています。

 

今日は少しばかりですが、今、絶対に読むべき漫画!とまでおすすめしたい、漫画『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』についてお話したいと思います。

 

(以下ネタバレと個人的な、樊噲愛が含まれますので、温かい気持ちでお付き合い下さい。)

龍帥の翼」簡単”あらすじ”

 

紀元前・中国‥大陸は一人の男によって初めて統一される。後の世にはその本当の名より、初めての皇帝「始皇帝」の名で知られる絶対者の支配は苛烈を極めた。その支配者を討たんと、一人東に向かう男あり‥名を張良、字を子房という。後の天才軍師・張良を主役に据えた川原版“項羽と劉邦”堂々開幕!!
※第1巻あらすじより抜粋

 

そう、この漫画の主人公は”張良”です。

 

司馬遼太郎先生の歴史小説「項羽と劉邦」では、項羽が主人公として描かれていましたが、今漫画では張良が主人公

 

 

この張良が「秦の始皇帝(政)を討つ!」というのが物語の中心となっていきます。

 

魅力的な登場人物。筆者が好きな2人を紹介。

 

ここで、僕が個人的に好きな登場人物を2人ご紹介します。

 

まず一人目が、劉邦の側近で、あの『鴻門の会』での劉邦の身を救う活躍が有名な、豪勇樊噲(はんかい)

 

出典:wikipediaより

 

三国時代には魏の曹操が許褚を仲間に迎え入れた時に「我が樊噲である」と言ったぐらいに、豪傑豪勇として名を遺した人物です。

 

歴史的に一番名前を残すのは前述の”鴻門の会”での活躍ですが、漫画内ではまだそこまで話が進んでいないにも関わらず、僕の心を掴んで離さない一人です。

 

特に頼りないんだけどどこか放っておけない劉邦への愛情がうま~く描かれていて、豪傑タイプなのにそれに振り回されながら忠義を尽くすところが非常に愛らしいと思えています笑

 

そして、これも漫画内ではまだ描かれていませんが劉邦が英布討伐のあとに矢による重傷を負って病床についた際、樊噲が劉邦に諫言する有名な場面で、僕が楽しみにしているシーンの一つがあるんですが…。

 

劉邦が英布討伐のあとに矢による重傷を負って病床についたが、功臣の周勃と灌嬰などは面会することを遠慮した。しかし、劉邦の義弟である樊噲は遠慮せずに劉邦の部屋に入り、周勃、灌嬰も樊噲に同伴した。そのとき劉邦は宦官の膝を枕にして横になった。これを見た樊噲は「陛下は私たちを従えて、沛・豊で挙兵されました。やがて項羽を滅ぼして天下統一なされました。しかし、現在の有様はなんとしたことでしょう?同時に陛下が病床について私たちは心配でならないのです。それなのに、陛下は私たちに相談をなさらずに、勝手に宦官風情の膝元で横になっておられるのは情けない限りです。陛下はかつての趙高の件をお忘れですか?」と諫言した。これを聞いた劉邦は苦笑して起き上がった。

引用:樊噲wikiより

 

というように劉邦に唯一、声を上げられるほど信頼を持ち合わせていた樊噲はほんとに男としてもカッコ良くてこれからの活躍も楽しみしかありません^^

 

三国時代の劉備にしかり優れた人物には、こういった義兄弟が付くもんなんですかね??羨ましいものです!

 

…そして、二人目のカッコいい人物は、、、項羽(普通!

いや~、だって普通にカッコ良いんだもん!

 

戦に行けば誰よりも強く!威風堂々な様で、川原先生の作風により特に伝わる、溢れんばかりの底知れぬ感!

 

男は絶対に一度は憧れますよね!?(残虐性とかは別にしてね

 

ただの脳筋キャラじゃないのもGOODです!笑

 

何より”鉅鹿の戦い”では項羽の魅力がとめどなく描かれています。

 

3日間の食料だけを残し、船や料理の鍋などを全て黄河に捨てたと言われている”破釜沈舟”の逸話は項羽という人物が良く現れていますし、この戦いでの獅子奮迅の活躍は、主人公である張良や劉邦たちの存在を置いてきぼりにするほどの圧倒的な存在感で、窮奇に対してライバル感情向きだしにし、そのプライドが傷ついたシーンも見どころの一つ。

 

・・・ここでは、2人の名前を挙げましたが、主役である張良窮奇黄石劉邦など、登場人物それぞれの魅力は言葉では説明しきれません。

 

その魅力は漫画を読まないと体験できませんよ?

死ぬまでに読みたい完結済マンガを紹介

ここでマンガ黄金期に育った筆者が選んだ「死ぬまでに読みたい完結済マンガ」を紹介している記事がありますので、併せてお読みいただくと嬉しいです。

【2020年最新版】マンガ黄金期で育った男が選ぶ、死ぬまでに読みたい漫画 みなさま、『ドラゴンボール』を知っていますか? (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoA...

 

全て完結済なので、電子書籍ならいますぐ読み出すことが可能です。

 

マンガ好きは、要チェックや!!

 

まとめ。「キングダム」ファンに負けない!笑

 

…さて、まだまだ連載中で完結していませんので、「今から読んでも遅くはありません」、ぜひ、読んだことが無い方は一度手にとってみて下さい。

ただいま、大人気で今年実写映画化もされ、公開間近の『キングダム』のその後の歴史となりますので、キングダムが好きな方や、歴史が好きな方にも読みやすいと思いますし、そのキングダムよりも時代考証が正確と言われているぐらい、中国歴史の豆知識的なことも知ることが出来ますよ!

 

そして何より、「キングダム面白いよー!」と進めてきた友人に、

 

「『キングダム』も面白いけど、その後に続く歴史舞台である、『龍帥の翼』も面白いよ!…えっ知らないの!?この漫画はね~(ドヤッ」

 

と言ってあげましょう!!笑

では今日はこの辺りでノシ